1. 妻との離婚を決意、そしてマンションの売却へ

離婚からマンションを売ることになる道のりを赤裸々に告白!

「離婚して下さい」…「わかった」それだけの会話で15年間続いた結婚生活が終わることになりました。私の結婚生活は楽しくもあり、辛いこともありましたが、ここ数年間は仕事の都合で出張も多く、特に妻は単身赴任のような生活を送っていました。

よく芸能人が離婚の原因に「すれ違い」を理由にしますが、私たちのケースでもまさしくそれが当てはまるように感じたのです。私たち夫婦には子供もいないことが、離婚の決意を後押ししたように思えます。とにかく離婚する意思はお互いに確認できました。後はなるべく後味が悪くならないように、綺麗な状態で離婚できればと考えています。特に財産分与については、離婚後も妻が生活に困らないように公平に行うつもりです。

私達夫婦の財産は「預金」「株式」と「マンション」を保有しています。今回の離婚ではお互いに慰謝料などを請求しないことは合意しています。ただし財産については平等に分配することとして、預金はお互いの名義の合計の半分、株式も一定数を売却して分配することに決まりました。

しかし問題があります。それがマンションです。今住んでいるマンションは妻と結婚した時に購入した物件で、2LDKの間取りで当時の価格で3000万円でした。頭金として私の貯蓄から800万円、妻の貯蓄から300万円、そして妻の親からの援助が500万円の合計1600万円を用意して、残りの1400万円を住宅ローンに頼ることになったのです。

このような事情からマンションの名義は私と妻の共同名義です。住宅ローンも数年前に完済しており借金もありません。実は離婚するにあたって「このマンションをどうするか?」で妻と話し合いが難航したのです。考えられる方策としては「私が妻から買い取る」「妻が私から買い取る」「売却して売却代金を分配する」の方法が考えられました。しかし、一人暮らしで2LDKは広すぎるのと、半分になった貯金を相手に取られてしまうのは、ちょっと気が向きません。また妻は離婚後、実家に戻り親の介護をする予定なので、初めからマンションはいらないと言っています。そこで仕方がなくマンションを売却することに決めたのです。

築15年のマンションなので高額では売却できないと思いましたが、新しいスタートを切るためにも、やはり安くても手放した方がよいと思います。またそれがお互いの再出発を成功させることに繋がると信じたのです。妻とはマンションは売却、そして売却で得た代金は折半することで最終的に合意できました。

しかしマンションの売却など私には初めての経験です。もちろん妻にも経験などあるはずがありません。売るなら少しでも高く売りたい私ですから、少しでも勉強して「上手にマンションを売って見せる」と決心したのです。そこでまず考えたのが自分のマンションの価値を知ることから始めることでした。