手っ取り早くマンションを売却する方法

マンションが中々売却できないあなたに朗報!こうすれば簡単に売れるのですよ!気持ちを切り替えて私の経験から実践してみては?

売る際に気を付ける大切なこと

急いでマンションを売らなければならない場合は気を付けなければならないことがあります。
それは、急いでいるから、購入を検討している見込み客に足元を見られてしまいます。
だから、積極的に声をかけて売ろうとしないこと。
また売ってやろう!と意気込まないこと。
安く叩かれてしまいます。
余談ですが、私は転職経験があります。
最初の転職は、今の会社で退職せざるをえない状況に追い込まれました。
私がヘマをしたわけではありません。
よくあることですが、上司が上役に気に入られており、上役の靴まで舐める強者でした。
従って私は上司には気に入られておらず、むしろなぜか嫌われていました。
まあそれはさておき、退職したかったので、転職する際も、相手の担当者にはどうしても転職したいと映るのですね!
だから逆に恐れられて、採用されません。
再度転職した際は、どうしても転職したかったわけではありませんでしたので、面接でも気軽相手とコミュニケーションできました。
だから、いい人に映ったようで面接していただいた2社から採用されました。
要するに、「別にあなたに買ってもらわなくてもいいよ!」この姿勢が相手もドキッとくるのです。
しかし、高圧的な態度はいけません。あくまで紳士的に対応することです。

何が決め手になるでしょうか?

そして見込み客の質問に対しては、丁寧に答えること、そして決して嘘はつかないこと。
例えば、小さなお子様がいて、壁に傷があった場合は、それも正直に言うこと。
そして壁を張り替えたことも伝えることです。
私は子供がいなかったので、そもそもあまり家にいなかったので、壁に傷がつくことはありませんでした。
しかし、一度水道の蛇口が壊れて、それを替えたことがあります。
それを正直に伝えました。
あくまで紳士的に対応することが最も重要です。
それは信用されますから。
家電量販店に行ってみたことありますね!
その店員が、こちらの質問にきちんとお応えされる人は信用できますね!
信用できる人から物を買いたいのです。
中古マンションは価格や立地も、確かに購入条件には入りますが、住んでいた人が信用できないと、買いたくありません。
私は購入していただいた方に言われました。
「あなたが紳士だから買いました。」っと!
さらに「リフォームしてもいいですか?」とね!
リフォームしてもいいのです。
もう私の手から離れていますから。
相手も紳士な方でした。
だから気遣ってくれたのでしょう!
ありがとう!感謝です。